不動産オーナー様の資産運用に、看板で収益を上げる方法をご紹介します。東京、千葉、埼玉、神奈川の看板用地募集について

看板用地募集サービス
  • 持ちビルの屋上に看板の鉄骨だけがある。何とか再生したい
  • 土地整備事業でわずかな土地が残った。看板で収益を得たい
  • 看板の広告収入でアパートやマンションの管理に充当したい

 お持ちの物件に、新しい借り主(広告主)を探す作業は、なかなか一苦労です。オーナー様側としては「できるだけ安全で、良い広告主に、長く借りてもらいたい」と願うことでしょう。そんなオーナー様に代わって、サンヨーが最適な広告主様を探します。もちろん募集にかかる費用は無料です。
看板料金の設定は、通行量、看板の大きさ、仕様などにより変わります。設置費、製作費などは一般的に借り手が支払い、年契約となる場合が多いため、年間掲載料金はオーナー様に一括前払いする形となります。看板の製作・施工・管理も弊社の自社工場にて一貫して行うため、安全でスピーディーにとり行うことができます。

物件の写真をお送り下さい

弊社の看板用地募集サービスは、オーナー様よりお送り頂いた物件の写真を元に、弊社が利用可能を判断した場所のみに実施されます。判断の目安としては、取り付ける看板の方向(人や車の流れに沿っているか)や、視線の位置などを十分考慮しなければなりません。そのためお送り頂く写真は、ドライバー、歩行者の目線で撮ったものを頂けますようお願い致します。

お申し込みからご契約まで

お問い合わせよりお申し込み下さい。(写真はtoiawase@sanyo-media.comにお送り下さい)

1. オーナー様に営業活動についてご説明し、承諾書を頂きます。
2. 営業を開始します。広告主募集の看板表示を弊社負担で設置します。
3. 看板の利用希望者が集まりはじめたら、利用者を選定し広告主を決定します。
4. ここまできた時点で、オーナー様とは正式に契約し、賃料をお支払い致します。
5. 看板を設置して完成です。
 *FAXでお申し込みされる方は 045?331?6487 まで

看板用地募集サービスを使った成功事例

事例1:狭小・変形土地の活用

ある国道沿いに道路拡幅事業で残ってしまった土地があるとのこと。現地に行ってみると5坪もない三角形の土地でした。売るに売れず、しかしながら税金は払わねばなりません。そこで看板を設置して広告収入を税金の支払に充てようということになりました。設置後すぐに某有名店さんの利用が決定!当初、この場所で利用者が現れるかどうか不安でした。理由は道路沿いの並木が視線を遮ってしまうからです。ロードサインは遠くからよく見えることが第一条件みたいなところがありますから、サービスを適用させるか判断に苦しみました。

事例2:広告料収入という付加価値を発生させる

こちらは不動産屋さんからのご相談でした。転売目的のビルに広告収益という付加価値を発生させて欲しいとのこと。これだけの収益が見込めるからローン返済も楽ですよーという感じで売り込むのでしょうか。大変厳しい数字を課せられましたがご覧のとおり交差点の角に位置し、障害物皆無の優良物件であることが幸いして無事完売!優良物件お待ちしております。