サンヨー・パブリシティーの貸看板実績例をご紹介します

媒体集

横浜市の広告事業に参加しています

横浜市では財源確保を目的として所有財産を広告媒体として貸し出すことに取り組んでおります。そのような中、サンヨーはその実績から屋外広告について相談を受け、協力をさせていただいております。また、多くのお客様に信頼される看板事業を、誠実に積み重ねて参ります。

MM21(横浜みなとみらい)地区広告掲出

以前より規制のあった横浜みなとみらい21地区の広告掲出は、規制緩和によりフラッグ、横断幕の掲出が可能となっています。この地区は、市営地下鉄「みなとみらい線」の開業に伴い、来街者数も約4,500万人(H16年)に登るなど増加しています。
本年、開港150周年の横浜みなとみらい地区は、新しい広告掲出のスポットとして脚光を浴びています。当社でも横浜みなとみらい21地区のフラッグ、横断幕の広告掲出を取扱中です。ご興味のある方は、下記PDF資料をダウンロードしてお読み下さい。尚、お問い合せはこちらから。

その他の主な貸看板実績 *写真をクリックすると詳細が表示されます

【多面看板】一つ駆体に2つ以上のパネルを設置

【駅前看板】人の往来が激しい場所だけに人気の高いスポット

【単独看板】お客様のご希望が多いのはやはり単独です

【正面看板】道路の右側でも道がカーブしていれば広告価値はUP!

【交差点内看板】誘導には欠かせない場所です

【ちょっと変わった看板】媒体交渉人は常に広告価値のある場所を探します